上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べれば食べるほどやせられる脂肪燃焼スープで健康的にダイエットしましょう。

これから紹介するおいしい脂肪燃焼スープを食べることで
体内の環境を整え代謝をアップしてやせやすい体に生まれ変わることができるんです。
そのうえ体内の毒素を排出し、体の中から綺麗になれるんです。
脂肪燃焼スープには大量の食物繊維が含まれていますので
便秘も解消し腸内環境が良くなるので
免疫力も強化され病気もしにくくなります。
そして脂肪燃焼スープの具は簡単に手に入るものばかり、
しかも全てガンを予防する食材なんです。

コンブ、かつお節、鶏がらのだしで煮て、天然塩とショウガで味つけするだけの簡単レシピ。
ぜひ試してくださいね。

作り方を説明します。。

材料(7皿分)
名称 個数 備考
玉ねぎ 3個 大きめのもの
セロリ 1本 太いもの。茎の部分を使ってください。
キャベツ 1/2個 大きめのもの
トマト 3個 大きめの完熟トマトが望ましい。ホールトマトの缶詰(400g)でもOK。
ニンジン 1本  
ピーマン 1個  
2~3リットル ミネラルウォーターか、一日置いて塩素抜きした水。

だし
かつお節 10g
鶏がらスープの素 小さじ1杯
コンブ 5g

味付け
ショウガ 1片
天然塩 少々


作り方
材料を食べやすい大きさに切る。
切った材料をだしと水1リットルと一緒に鍋で煮ます。
適宜水を足しながら20分ほど中火で煮込んでください。
やわらかくなるまで煮込んだら天然塩で味を調えて火からおろしてください。
食べる直前にショウガをおろして加えてください。

食べ方
夕食の前に1杯食べる(飲む)のが基本ですが
食べる回数や量に制限はありません。
朝食にも昼食にも食べて大丈夫です。
好きな時に好きなだけ食べてください。
そして毎日続けることが大事です。
少なくとも1週間は続けてみてください。
飽きてきたときは味付けを変えてみてください。
食用油や砂糖を使ってはいけませんが、そのほかの味付けなら自由です。
しょうゆや味噌、ポン酢などお好みの味付けを試してみてください。

脂肪燃焼スープはダイエットだけでなく体の中から綺麗になる効果があります。

例えば、
冷え性、肩こりや体質改善にも効果があります。
また脂肪燃焼スープは病気や肥満の原因となる毒素を体の外に排出し
腸内を綺麗な環境にしてくれますので
ドロドロの血液もサラサラのきれいな血液になります。

最後に脂肪燃焼スープに使う6つの材料の効用を解説します。

キャベツ
粘膜を丈夫にするビタミンUが豊富に含まれています。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍にも効果があります。
煮ることにより、活性酸素を除去する力が生食の5倍にアップします。

玉ねぎ
玉ねぎのツーンとした独特の匂いは硫化アリルによるものです。
硫化アリルは血液の凝固を抑え、動脈硬化や血栓を予防し
血液をサラサラにしてくれます。

セロリ
カリウム、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。
ビタミンは茎よりも葉の部分により多く含まれていますので
スープに入れるときには細かく刻んでおくとよいでしょう。

トマト
抗酸化作用の高いリコピンを豊富に含んでいます。
赤い色素のリコピンは完熟トマトに多く含まれていますので
完熟トマトを使えばより効果的です。
また、トマトは血液をサラサラに保ってくれる効果もあります。

ピーマン
ピーマンに含まれるビタミンCは加熱しても壊れない特長があります。
肌にハリを取り戻し、シミを予防する作用があります。
美肌づくりに最適です。

ニンジン
ニンジンには活性酸素を除去する働きのあるカロチンがたっぷり含まれています。
体を温める働きが特に強いので冷え症対策にも効果的です。

脂肪燃焼スープ、是非お試しください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。